プラスチックの帯板と3Dプリンターで造形した指輪で、「指広げ自助具」を作ってみました。麻痺の人から「指を閉じる動作より広げる動作が難しい」と聴きました。それで指を広げる自助具を思いつきました。自助具ではなくリハビリ器具として役立つかもしれません。5本の指を広げる機構は複雑なので、親指と薬指を広げることにしました。すると残りの3本指も自然に広がることに気づきました。このリハビリ器具はお役に立つかもしれません。