試作1号

札幌のKさんから「麻痺がある右手で字を書きたい」との要望がありました。Kさんは「右手の中指と薬指の間にボールペンを挟むことはできる」とのことだったので、筆圧に負けづにボールペンを握っていれるように先端に鍔があるホルダーを3Dプリンターで造形しました。断面がC型に割れているためバネ性がありボールペンを挟み固定できます。
試作1号でも文字が右手で書けたそうですが、少し細い試作2号を試作しました。試作2号はU字のツノを中指の裏に廻せるので、フィット感が増していると思います。

試作2号